治験コーディネーターの仕事や給料は?

CRC(治験コーディネーター)のアルバイト勤務

看護師の国家資格や薬剤師の国家資格があればCRC(治験コーディネーター)として働ける資格があります。日勤のみの仕事を希望したりアルバイトをしていたいなど働き方は重視する要素です。

勉強と両立させながら仕事をしている人もいるでしょうし、子どもを抱えている人もいるでしょうし、結婚して家庭を持っている人もいます。 それぞれの個人個人のライフスタイルがありますし、それに応じてのワークスタイルがあるはずです。

ここでは、治験コーディネーターのアルバイト勤務についてお話をしましょう。 「常勤で仕事をすることは難しい」という人達がいるのは確かなことです。 治験コーディネーターには常勤の働き方以外にも派遣やアルバイトもあります。

まずは気になるCRCのアルバイトの日給は、平均すると8000円前後から16000円ほどになります。 この違いは経験や能力や業務内容による差です。 未経験の人達ならば月給で計算すると16万円前後程度です。 しかしながら、CRCとしての能力が高くて経験も豊富な人ならば33万円前後にもなります。

アルバイトであっても他の一般的な仕事と比較すると高い水準の賃金設定がされています。 よりCRCの日給を上げたいのであれば経験をたくさん積んで認定資格を取得するといいでしょう。 専門性が高くなれば企業から求められる人材となるのは間違いありません。 山口県薬剤師会

では治験コーディネーターのアルバイトの業務内容はどうでしょうか? 基本的にアルバイトといっても現場では全く常勤と区別などありませんし同じように業務を行っていきます。

治験に参加する患者様へのフォローは重要な業務です。 患者様の視点からみれば、どのCRCが常勤でどのCRCがアルバイトなどというのは分かりませんし、仕事をする以上はアルバイトでも徹底したサポートをするのが当然です。

「治験に必要なデータを集める」「データを回収する」「治験のスケジュール管理」も大切な仕事です。 たとえアルバイトであってもマネジメント能力やコミュニケーション能力がなければこなせないでしょう。 人とかかわるのが得意で、自分の力を試したいと意欲がある看護師や薬剤師ならば治験コーディネーターが向いていると思います。

男性看護師の転職事情

男性看護師の転職についてですが、都市圏はともかく地方の男性看護師の転職事情はそう簡単なものではありません。もちろん看護師としても色々な分野の職種がありますが、その選択肢は女性看護師に比べると狭くなります。

女性看護師であればどの病院、どの分野でも転職は可能ですが、男性看護師はまず個人のクリニックなどにはほぼ転職できません。そしてそれなりに規模の大きな病院に転職希望とあれば、その規模の大きな病院の絶対数が少ないため選択肢が更に絞られます。

そうなると、通勤可能圏内で考えると立地条件にもよりますが、転職可能な病院は少ない規模の大きな病院か施設、あるいは精神科のある病院と限られてきます。そういった事から、色々な理由があり誰しもが転職を考えるとは思いますが、なかなか決断に至るのが難しいのが現状です。

また女性中心の環境でもある職場であるため、若いうちは良いがある程度の年齢になって転職をすると、あまり良い顔をされずになかなか溶け込めにくいといったような話もあったりします。現実問題として女性中心の環境の中で、またいちから環境を作らないといけないというのも、辛いものがあるのではないかとも思います。

話は戻りますが、精神科メインの病院というのは男性看護師の比率がとても高いように思います。精神科は男性看護師がとても多く転職も楽なのではないかと感じますが、医療の現場であるのにも関わらず体育会系であることが多いです。

ですから転職した際は、ウマが合えばとても楽しいものになると思いますが、そうでなかった時にはとても辛い思いをするのではないかと思います。あまり上手にお話しすることはできませんでしたが、男性看護師の転職、特に地方での転職は思いつきでしてはいけないと思います。

「簡単に転職しなければよかったな」という声を聞いたことがありますので、慎重に考えて行動して頂きたいと思います。しかし、必ずしも悪いことではありませんので、ベストな選択ができれば幸いだと思います。

社会人から看護師になりたいと思っている方へ

看護師になる為の方法は一つではありません。そして学歴は中卒からでもチャレンジすることが可能です。学歴が中卒でも大丈夫ということもあって、看護師の資格は人気があります。

そして、社会人からでも、看護師を目指す人は意外と多いです。具体的に今働いている方が看護師に転職したいと思ったとき、何が必要なのか簡単にまとめてみたいと思います。

●看護師と准看護師
看護師というのは厚生大臣の免許、そして准看護師とは都道府県知事免許を受ける事になります。主に何が違うのかといえば業務を行うのに、「医師の指示が必要がどうか」という点です。

・看護師→医師の指示無しで業務可能
・准看護師→医師、もしくは看護師の指示が必要

更に看護師というのは国家資格になりますが、准看護師は国家資格ではありません。このような違いがあります。看護師資格を取得したいと思うのであれば、看護大学や看護短大看護専門学校などに通い、国家試験を受けて合格するという道があります。

●看護師、准看護師になるために
今社会人で働いている方が看護師になるためには、准看護師から看護師になるという方法が一般的だと思います。准看護学校に2年通って准看護師の資格を取り、看護専門学校に3年通学します。どちらも定時制の学校で、働きながら資格を取る為に通う事ができます。

働き方としては、準看護学校に通いながら看護助手として働く、そして看護専門学校に通いながら准看護師として働くのが良いでしょう。将来看護師になりたいと思っているのであれば、計画的に資格を取る準備をしてチャレンジして欲しいと思います。

●看護師の資格を取る事のメリット
資格を取ってしまえば、年齢が高くても就職することができます。さらに女性であれば出産・育児などで仕事を休んでも、資格があればまた雇ってもらえます。

看護師の資格は1度取ってしまえば一生ものの財産になると思います。また、健康にかんする知識も身に付きますし、こちらも生きていく為に大変役立つと思います。そして人に感謝される非常にやりがいのある職業でもありますので、転職を考えている方にとてもオススメしたいです。

↑ PAGE TOP