CRCの気になる年収は!

CRCの仕事:各種報告書の作成や関係部署との調整や対応

CRC(治験コーディネーター)になると年収が安定するかもしれません。 近頃、薬剤師や看護師の転職先として注目されているのがCRCです。 給与水準や年収が安定すると家計のやりくりもしやすくなります。 治験コーディネーターは能力や経験によって給与や年収が左右する世界なのです。

ここでは、CRCの平均年収と転職するタイミングについてお話をいたしましょう。

治験コーディネーターに興味があるならば、早めに転職をすることがいいでしょう。 CRCの平均年収はおよそ400万円というデータがあります。 これは全ての治験コーディネーターの平均値になります。

CRCの中には年収が250万円ほどの安い水準の人もいますし、年収600万円以上の高水準の人もいます。 どうして、これほどの差が生まれるのでしょうか? その答えは、<それぞれの経験や能力によって給与に違いが出るから>です。

CRCとしての経験をたくさん積んでいる人ほど当然ですが企業では優遇されます。 仕事を安心して任せられるという安心感や信頼感がありますし、仕事の進め方にも大きく違いが出てくるからです。

CRCは薬局や病院と違ってキャリアを積むと昇給する賃金システムになっているのです。 治験業界に興味がある看護師や薬剤師は早めにキャリアチェンジすることをおすすめします。 ある程度は定時で仕事をすることもできるのがメリットです。

結婚した後や出産した後でも看護師や薬剤師の資格を活かして高い給与水準で仕事をすることができます 最初は年収にそれほど期待が出来ないでしょう。 しかし、後々は経験を積みますから昇給をして年収もアップしていきます。

治験コーディネーターの月給はどのくらいなのでしょうか? それぞれの能力や経験や職場の事情によっても違いがあります。 一般的には、大体25万円前後と考えておくと間違いないでしょう。

CRCに必要な能力を高めながら、職場で<欠かせない存在>になることが肝心です。 そうすれば自然と収入も期待できます。 以上、CRCの平均年収と転職するタイミングについてお話をいたしましたので参考にしてください。

↑ PAGE TOP